スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベネッサ(ディフェンシブ)】初心者講座byかいぶつ

【ベネッサ(ディフェンシブ)】初心者講座byかいぶつ
icon_van.jpg

ご覧いただきありがとうございます、かいぶつと申します。
東京の西側でベネッサを使っております。
キャラはブラッド→ラウ→ブレイズ→ラウと渡り歩いてきて、
VF5R後期からベネッサに落ち着きました。
あまり使い手のいない特殊なキャラが向いているのかなぁと思う今日この頃。
異世界ではアルゴル使ってます。
終始偉そうな口調で申し訳ありません、
こんな時どんな言葉使いをしていいかわからないの・・・





【キャラの特徴・長所・短所】
ベネッサはオフェンシブスタイル・ディフェンシブスタイル
(以下O,D)という2つの構えを使い分けて戦う上、
他キャラに無い技を多数持っている特殊なキャラです。
P+K+Gor6P+K+Gで両スタイルをチェンジすることができます。
単純に他キャラに比べて技数が2倍あるため、相手キャラに合わせた柔軟な戦い方が可能。
一方、体重が適度に軽いため限定コンボなども多く、
被ダメージが高い豪鬼みたいなキャラです




【Dスタイルの特徴・長所・短所】
不利時な状況下において相手の技を
回避・当て身する技が豊富なスタイルです。
投げも63214P+Gが70,41236P+Gが60と減りますが、
相手のゆとりを崩す手段に乏しく
ダメージ効率勝負をされると苦戦しがちです。




【基本技】
・肘クラス
立ち上がり途中P
Dにはいわゆる肘が無いため、微有利の中段にはこれか6P(後述)を使っていきます。
発生が13Fと早く、カウンターでよろけが取れるので使い勝手が良いです。
リーチ短め注意。
この技が立ち状態から出せれば、
戦力アップ間違い無し(33NPで自分は出してます)。


・アッパークラス

6P
発生16Fの半回転中段。
6P3K(中→中),6PKK(中→上→中)といった2種類の派生があります。
派生技の入力タイミングがかなり遅くても出るので相手を幻惑させていきましょう。
6P3Kの2発目だけカウンターヒットするとP+Gを追加入力することで打撃投げに派生できます。
この技を出す際は、6P3KP+Gというように常に入力しておきましょう。


・膝クラス
3P+K
発生17Fの半回転上段。
Dでまとまったダメージが狙える数少ない打撃。
3P+K→2P+K→6PKKが全キャラド安定です。

・回転系の技

66K
リーチの長い全回転中段。なのに確定反撃無し。
起き攻めに投げとの二択はシンプルで強力。
発生の遅さに気をつけながら、中間距離を制圧していきましょう。

・投げについて

63214P+Gが70,41236P+Gが60減ります。
P+Gは受け身を取られてもこちらがやや有利です。
6P+Gの後は小ダウンで追い打ちできます。
41236P+Gの後も受け身で回避可能ですが、追い打ちを狙ってもいいかもしれません。

・その他
46KP
通称パーリング。Dを代表する技で、
相手の上中段P,肘等を捌くことができます。
捌いた後は大幅有利ため、打撃と投げの2択をしましょう。
2発目が上段のため、46Kまで入力してヒットしていたらPを押せるとリスク回避できます。

46P+K
パーリングで捌けない蹴りや膝を捌く技。
捌いていたら中量級くらいまでP→6PKKがコンボに。
ガードされても屈伸できますが、
捌きフレームの開始が遅いため過信しすぎない方が良いです。

3P
カットアッパー。現VF界において最速の発生速度を持つ打撃(10F)ヒットで大幅有利。
そのため他のキャラでは割り込めない連携も、3Pだけ割り込めるという状況が多々あります。
投げ確定にブチこむという渋いことも可能。リーチの短さにだけは注意。

1P
ディフェンシブエルボー。相手の上段をすかし、下段(全回転除く)を捌く強い技。
もちろん相手の2Pも捌くため、削り合い等で重宝します。

ガード中2Por8P
イントルードフック。若干軸をずらしながら攻撃し、硬化カウンター以上で腹崩れに。
当てるにはセンスが必要なため自分はあまり使ってませんが、
かつてこの技だけで一時代を築いたベネッサ使いがいたとかなんとか。
コンボは→2P→KKがド安定。

66PP
中→中でそこそこリーチのある連携。確定反撃無し。

1P+K
初見殺し。ガードされて-1でしゃがみ状態故、
最速立ち途中Pがほとんど割り込めない連携に。

カウンターヒットで2P→KKが鷹嵐以外に入るのでヒット確認が大切。

2K+G
しゃがステのついた全回転下段。
ノーマルヒットで不利小。カウンターヒットで五分。
崩しに便利ですが、ガードされると膝確定なのでやりすぎ注意。

【基本戦術】
・相手屈伸可能時の攻め方 下段投げ、6P派生、66PP、2K+Gなど。
・相手屈伸不可時の攻め方 投げ、6P派生、66K、66PP、2K+Gなど。



Dは積極的に二択をかけるよりも、
下段や距離戦、派生技を中心に
細かく削っていく方が結果が出ることが多いです。
じれた相手の技を各種捌き技で切り返し、相手の心を折っていきましょう
とはいえそれだけだとどうしてもダメージ効率で劣るため、
必要に応じてOに切り替えていくことが大切だと考えています。




【執筆者から一言】
Twitterは@Kbutsu
恐れ入りますが鍵をかけているため、フォローリクエストをお願いいたします。
リクエストを断ることはありません。
PS3,箱ともに[Kbutsu]でプレイする予定です。
自他ともにわからん殺しから抜けだしたあたりから
更に面白くなってくると思うので、クンフーを積んでいきましょう!
あと、一緒にやる人がいないとつまらないと思うので、仲間を見つけることが大切だと思います。

Author かいぶつ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。