スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シュン】初心者講座byきっさ

【シュン】初心者講座byきっさ
icon_shu.jpg
都内でシュンを使ってるきっさと申します。
VF4ではラウを使っていましたがVF4evoからシュンをメインでやってます。

【シュンの特徴・長所・短所】

シュンは基本技と呼ばれる通常ほかのキャラがもっているような技が少し劣っています。
例えば「肘」と呼ばれる6Pですが、これはしゃがみ当てても不利(-3F)
な上に発生も15F(通常の肘は14F)と遅いです。

また、PKも当てて不利(-1F)となっています。
(PK4で背後向きになった場合は+3F)
基本技が劣っているものの、
特徴としては構えが多くあり、構え移行の方法も多種なため
一つの技でも選択肢を絞らせない幻惑させられるのが特徴です。

中でも張果老(6Kなどで移行)が強力で、
ダメージの取れる選択肢を迫ることができます。

そしてシュンの最大の特徴といえば「飲酒システム」です。
某映画の通り、「飲めば飲むほど強くなる」システムで、
お酒を飲むことに技が増え攻撃力も上がります。
(1杯のむごとに0.8%増、端数切捨て)

試合中での立ち回りも
序盤ではダメージよりも飲酒を優先したほうが結果に出やすいと思います。
あと、実は投げが強いです。
本命の6投げが飲酒4杯(66P+G)とMAXダメージ(6杯以上で41236P+G)の2種類あり、
通常投げのP+G(2杯飲酒)とダメージの取れる4P+Gとどれも強いです。

【基本技】
6P、3Pといった基本中段です。
カウンターでそれぞれ+6F以上有利となるので、打撃と投げの二択を仕掛けましょう。

K+G中段で半回転(腹側避け)で、1KK下段でK+Gとは逆の半回転(背側避け)となるので二択になります。
+5Fあればどちらも相手の2Pに勝つ強力な打撃な上に、
1KKはGを押すと寝ることができ、
K+GはGを押しっぱなしにすることでガードされても有利な構え(張果老)
移行できるので相手側の対応も一筋縄ではいかないです。

4P+Kで打撃投げがあります。
ダメージもそこそこある上に、
腹側半回転、リーチ長い、確定反撃を受けない(ウルフ以外)という特徴があります。
ただ、発生が遅い(21F)ので、受身攻めや技をすかして当てることを狙いましょう。

飲酒数による技で重要なのが6杯で出る挑腕撩拳236P)が強力です。
ノーマルでコンボにいける特殊中段(しゃがみG可)で、発生も16Fと早いです。
2Pを当てて投げと挑腕の二択は強力です。
また、10杯で豪杯旋舞(63214P+G)がダメージが高い上に飲酒4杯で強力です。
抜けられにくい4方向の投げとしてかなり貴重なわざとなります。

46P発生が早く(11F)派生も強力です。46PPPまでは最速で出せば強制ガードにもなるので、
飲酒6杯以上で出せる派生のP+Kと投げの二択が強力です。

・相手の技をすかす技が多く、これらの技を使いこなすことがシュンでは重要です。
まず、2Kはノーマルの下段ですが
相手の肘系の技など判定の薄い中段をすかすことができます。
また、一部の特殊上段もすかすことができます。

6K+G相手の下段をすかすことができるので、
不利が大きいときに下段全回転と投げの二択を回避することができます。
そして1or7P+K+Gで出る向側後避が強力です。
後ろ斜めにヒョイッと避ける技で、微不利程度であれば打撃、投げ共に回避することができます
また、避けと異なり回転系の技を喰らってしまってもノーマルヒットで済みます。
さらにはこの向側後避から出せる2つの打撃があり、どちらも強力です。
Pはノーマルで+5F、P+Kは発生が遅いもののノーマルヒットで頭崩れを取れるコンボ始動技です。

【基本戦術】
・お酒を飲みましょう。手をダウンさせたら距離を取って飲酒が基本です。
相手も受身を取りやすくなります。
6P、3Pカウンターを取って打撃(K+G、1KK)と投げの二択を迫りましょう。
兎にも角にも「K+G」、「1KK」、「投げ」が強力なのでこの選択肢を迫りましょう。

【執筆者から一言】

ブログもやってます。
http://blog.livedoor.jp/geko_kissa/
PS3では「kissa」、Xbos360では「kisaragi244」というタグでやってます。
対戦することがありましたらよろしくお願いいたします。



Author きっさ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。