スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャン紅條】初心者講座by大塚ジャン

【ジャン紅條】初心者講座by大塚ジャン
icon_jea.jpg

この度ジャンのキャラ講座の筆を取らせていただきました、大塚ジャンと申します。
初心者講座ということで、このキャラの基本的な解説をします。
至らない点が多々あると思いますが、お力添えになれば幸いです。


【キャラの特徴・長所・短所】

ジャンはVFの基本ともいえる技が多数揃っており、
中距離戦を中心に使いやすい技が揃っています。

また、ジャンのみが有する66Pという
特殊な技を使いこなすことによって、ジャン特有の攻めが可能となっています。
多くの基本技が水準以上の性能を持ち、
ダメージが高く、ガード崩し・捌きといったテクニカルな側面を持つ
ため、
やり込みがそのまま強さに直結するやりがいのあるキャラだと思います。
愚直に強くなりたい、
一歩ずつ階段を登りたい
というストイックな人にオススメのキャラです。

弱点としては投げが平均以下の性能で、
相手の暴れに対して有効な技が少ない事が挙げられます。


【基本技】
・中段技
近距離では相手の暴れを潰しやすい6P・4K・3PPなどの小技を軸に、
投げとの二択をかけていく事が基本になります。
33PKや66P、3Kといった発生とリーチに優れる技を持つため、
BDに対して困る事はほどんどないキャラといえます。
投げを嫌がって暴れてくる相手には、
発生こそ遅いもののノーマルヒットでコンボへ移行可能な6K・3P+Kをうまくつかって、
ダメージレースに負けないようにしましょう。

・下段技
ジャンの下段技はリーチと状況に優れており、
半回転属性を持つものが多いため
気軽に立ちガードに対してダメージが取れます。

特に1Pはしゃがみ状態になるため、BDなどから打つ事で
相手の上段技・立ちガード、避けに対して有効な選択肢になります。


・回転系の技
・前述した下段技に加えて、4PP、9KPといった
上段半回転も使いやすい技です。
派生が中段でガード後の状況がいいため、これらも気軽に使っていけます。
発生が遅く、被ガード時のリスクは高いものの、
2K+Gという下段全回転を持つため、中段を当てるための材料として役立ちます。

・投げ
ジャンの投げは66P+G(60)>4P+G(50)>P+G(40)の順にダメージが高いので、
うまく的を絞らせないように使い分けましょう。

・特殊技
66P
ジャンは66Pという特有の打撃を持ち、
この技が当たると相手は一定時間立ちガードorしゃがみガードしか出来ず、
の状態に技を当てるとカウンターヒットを誘発する
という高性能な技を持っています。
66Pヒット後は再度66Pと2KKで中下段の二択が成立し、
ガードされても距離が離れるため非常に強力な性能を誇ります。
特殊やられ状態の相手に再度66Pを当てると後ずさるようにダウンするため、
ダッシュから33PKで追い討ちを決めましょう。

また、後述のガード崩しを狙いやすいポイントです。

・46P+Kガード時KPPKPK
相手の立ちガードに当てる事
で続く派生が全段ヒットするガード崩し技です。

最後のKは直前のPが当たった瞬間にタイミングよく入力しましょう。
総ダメージは66P+Gよりも高いため、
安易な立ちガードは全てこれで崩すことが出来ます。
発生が程よく遅いため様子見をする相手に決まりやすく、
66Pが強力なジャンにとって非常に相性のいい技といえます。

・4P+K+G
相手の上中段P・肘を捌くことの出来る技で、
捌き成功時にPを押すことで腹崩れを誘発できコンボへ発展できます。
手技に対して大きなリスクを負わせられる上に、
捌けない技を食らってもカウンターヒットにならない性能を持つため、
不利な時にガンガン使って相手の選択肢を狭めていきましょう。

・33PK_P
33PK二発目をタメた直後に
Kを押したままPを押すことで出せる技です。

入力が少し難しいですが、コツを掴めば自在に出せるようになると思います。
こちらは33PKと異なり中上という連続技ですが、
ヒット時・ガード時の状況が33PKより優れるため、
しゃがまれない限り非常に強力な性能を持っています。
発生・リーチ・状況ともに全て優秀なため、
技の打ち返しに迷ったらとりあえずこの技を打っていってもいいでしょう。


【基本戦術】

前述した中段技と投げの二択に加えて、
ガード崩しで攻めていく事がジャンの攻めの基本になります。


投げがあまり減らなく中段が強いため、
各種半回転や2K+Gを適度に使い
相手の避けを抑止していく事で中段が機能しやすくなります。
攻めの要となるのは66P
この技で中距離戦を制圧し、ローリスクな二択を仕掛けていくことがジャンの真骨頂です。
守勢時は立ちガードに加えて
4P+K+Gの捌きを織り交ぜることで攻防一体の防御行動を取っていけます。

【基本コンボ】
6K→9K+G→33PK
鷹嵐以外に決まる安定コンボです。
中量級までには9K+Gのあとに2P+Kでバウンドを誘発し、
ダメージアップが測れます。
鷹嵐には2P+K→33PKを決めましょう。


3P+K→ダッシュ立ちP→4KKP
 こちらも鷹嵐以外に決まる安定コンボです。
 鷹嵐にはダッシュから46PKを直接当てましょう。

4P+K+G捌き成功時P→9K+G→33PK
 こちらも鷹嵐以外に決まる安定コンボです。
 鷹嵐には直接46PKを決めましょう。

【執筆者から一言】
Twitterは@mach017でやっています。
細かい質問や詳細はこちらでお伺いいたしますので、お気兼ねなくどうぞ。
PS3で[mach3441]でプレイしておりますので、機会がありましたら対戦宜しくお願いします。



Author 大塚ジャン
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。