スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【結城晶】初心者講座byジョセフ

【結城晶】初心者講座byジョセフ
icon_aki.jpg

初めまして、ジョセフのRNでバーチャしてます。
そりゃまあジョジョは好きです。
VF暦は14年くらいですかね、大会などに出るようになったのは7年前くらいかと。
メインキャラは晶一筋、変えたことはありません。2の崩撃雲身双虎掌で完全に鷲掴みに。

一応セガ公認プレイヤー(スタープレイヤー)という立場をいただいてますので、
こういった情報等をガンガン発信して、皆さんの役に立てれば良いなと思ってます。

えらいねェ~~~~~~


【キャラの特徴・長所・短所】

晶の魅力は何と言っても一撃の破壊力、技のカッコ良さ。これです。
単発キャラなので、最初はゲームの展開についていくのが大変かと思いますが、
慣れてくるとその圧倒的攻撃力に病み付きになることウケアイ。
今作の晶は一般的に「最強キャラ」と言われています(理由は後述)。
しかし、先述のように使いせるようになるには少々時間がかかります。
連携技がほとんど無いので、ごまかしが効きにくく、
一度攻めを凌がれると明確に相手のターンになる。

故に相手キャラへの対処の仕方・理解度が勝率に直結する「対応型」のキャラと言えるでしょう。
また、高威力のコンボが数多くありますが、難易度も高いです。
今回記載したコンボは最低限のものですので、
まずはそこから始めましょう。
少しずつ難しいものが出来るようになる達成感が味わえるキャラでもあります。


【基本技】
・肘クラス
3P…一般的な肘。ワンコマンドで出せるが、chでも有利少。
 速い展開での咄嗟の打ち返しや、最後の削りに使える。

66P
3Pと比べ、発生・ダメージ・リーチ・有利フレームの全てに勝る。
 他キャラの肘より性能が良く、nhでも投げと打撃の二択がかかる高性能な肘。

46P上段のコンボ始動技。
 一般的に「肘確」と呼ばれる、+14-15Fでの確定反撃への使用が主な用途。
 バーチャでは、この肘確にどれだけのダメージが取れるかというのが
 キャラランクに影響しますが、晶のそれは最強クラスのダメージ
 また、ガードされても何故か晶側が1フレーム有利というトンデモ性能。
 確定反撃、不利時の暴れ、有利時の攻めとしても使える万能技。
コンボ:
46P→P→3K+GP466P+K…晶まで(ジャッキー・ジャン・晶は足位置八の字のみ)
46P→P→66KK(鷹嵐以外)
46P→K+GP(鷹嵐)


・アッパークラス
666P晶の強さを支える、超強力な肘。
 ガードされても不利が少なく、
 nhでダウン、chで80前後のコンボダメージと
 他キャラ使いを煮えさせ続ける最高にハイな技。

 唯一の欠点はバックダッシュに全く当たらないこと。それをしてくる相手には乱用は禁物。
コンボ(ch):
666P→2P→3K+GP466P+K
666P→2K+GP→66KK

※上記二つは鷹嵐以外の全キャラに入る。
 どちらも二発目の2P、2K+Gはちょっとダッシュしてからのほうが安定。
666P→K+Gp(鷹嵐)


2_3P+K…通称「マホ」。ヒットさせるとよろけるので、攻めを継続できる。
 攻撃属性が肩なので、手技捌きを持っているキャラに特に重宝する。
 また、この技の強みは「不利時に暴れとして出すと相手の技をスカしやすい」こと
 (「ふざけんな!」という声が相手からよく聞こえるほど理不尽に)。
 これにより相手は安易に攻めれなくなります。
 ガードされた時は不利大、スカった時の隙は大きい。

・膝クラス

K+G(1FでG離す)通称「ドッポ」と呼ばれる、nhでコンボにいける晶のヒザ。
 入力のコツはK+Gを同時押しする時、
 Gボタンだけ一瞬はじくように(分かりづらい)。

 これは慣れるしかありません。
 その入力の難しさ故か、
 他キャラの膝クラスの技はガードされると肘クラスの確定反撃をもらうが、
 こちらはP(12F)しか確定しないのが特徴。

コンボ:
K+G(1FでG離す)→6KP→66KK(晶まで)
K+G(1FでG離す)→P→3K+GP466P+K(ウルフ、ジェフリー。鷹嵐にはPを省く)


・回転系の技
46P+K…晶の腹側への避けを潰す。
 特徴は、属性が両手なので捌きや当身に強いこと。
 また、晶の背中側へ吹き飛ばすので、
 壁が近い場合に相手が壁に当たり、それを追撃できる

 (66KK、2_6PPなど)。

46P+K+G晶の背中側への避けを潰す。
 この技を当てると相手が側面状態になる。

 全キャラ中随一の側面攻めが出来る(後述)晶にとって、主力技の一つと言える。
 ※どちらもガードされた時は不利が少ないが、避けられた時の隙は大きめ。

・投げについて
投げはいくつか種類がありますが、使うのは二つのみで大丈夫。
6はダメージの大きい46P+G、4は64P+Gを使いましょう。
64P+Gは投げのみのダメージは15ですが、
コンボを入れることにより全キャラ中最強クラスの投げに変わります。
コンボ:
64P+G→2K+GP→P→K+GP(シュンまで)
64P+G→2K+GP→K+GP(晶まで)
64P+G→2K+GPP(鷹嵐以外)
64P+G→2_3P+K(鷹嵐。や、安い…)

※64P+Gからのコンボは、
 キャラ別コンボがかなり多く難易度も高いため、ここでは割愛します。
 キャラによっては受身可能ではありますが、慣れるまでは上記のコンボを使いましょう。

・その他特殊技・よく使う技
6P+K+G…通称カイコ。
VF5FSにおいて、晶を最強キャラたらしめる壊れ技(スタープラチナくらい)
ガードしている相手に当たると、ガードが外れ、先述の46Pが確定で入るほどの有利に
ゆとり抜けと呼ばれる、今作での簡単かつ最も強い防御法を、
黒ひげばりに無に帰すこの技を持つ晶は四皇の中でも最強の呼び声高し。

上段でリーチが短いものの、
発生が早く、見てから対処するのは不可能で、主力中の主力。

2P+K+G…通称ゲキホ。
6P+K+Gと同じくガード外し。違いは、中段であることと、外してもPしか確定しないこと。
しかし、この技の真価は側面からの使用にあります。
詳細は割愛しますが、側面からの攻撃は正面と比べ、有利フレームが増えます。
これはガード外しの場合も例外でなく、
ゲキホは正面ではPしか入らないのが側面では膝クラスの打撃が確定になります。

2P+K+G側面ガード外し時は、
3K+GP+Kがヒットし、浮いた相手に3K+GP466P+Kが安定コンボ(鷹嵐は66KK)で入ります。


側面を取れる分かりやすい機会は、46P+K+Gヒット時と、相手の投げを抜けた時。
この技の存在により、側面時でも相手はゆとり抜けが絶対の防御でなくなってしまいます。

そうなった相手は養豚場へ送られる運命の豚も同然、
料理の仕方はまた別の機会に。

ただし、正面時に相手のガード以外(nh、ch)に当たってしまうと、
相手の投げが確定してしまう程不利。


3P+K+G43P+K214or236P64or46P+K…通称トリュウ、または四段。
コマンドを見ているだけで頭痛がしてきそうですが、こちらもガード外し。
上記二つとは違い、初段が相手の立ちガードに触れた時、
追加コマンドを入力すると一つの連続技として成立する、というもの。

ダメージが高く、見栄えも良いのでこちらも主力。

※三つのガード外しの使い分けについて
カイコはコマンドが簡単なので、咄嗟の場面や、
ダッシュで距離を詰めてプレッシャーを与えつつ固まったところに使いましょう。
ゲキホは上記のように側面から使うのが強いです。
トリュウはカイコよりリーチが長いので、
カイコでは届かない時に使用するのが主な用途です。
スカった時の隙はカイコより長め。

【基本戦術】

単発キャラ故、複雑な攻め方は特に必要ありません。
最初のうちは、まずPを打ち、
そこから<66P、投げ、カイコ
この三つを繰り返しましょう。
相手の技をガードしても、66P、投げ、カイコです
相手の技を覚えるのは後で構いません。
2Pが当たっても、66P、投げ、カイコ
これを迷わず繰り返し打てるようになりましょう。これが晶の基本です。


これの応用が以下三つ。
・66Pのヒット確認
→ヒット時の有利を生かすため、被ガード時の不利を凌ぐため。
ヒット時は上記と同じ、66P、投げ、カイコができるようにする。
ガードされた時や、避けられた時は、ゆとり抜けガード、PKで暴れる。

・66Pを666Pにする
→ダメージ効率の向上のため。
66Pは、コマンドが簡単で打ちやすい有利を継続を継続できる中段で、リスクも少なければリターンも少ない。
666Pは、コマンドは少し難しいですが、
ch時にはまとまったコンボダメージが取れます。慣れてきたらこちらも打てるように。

・カイコから46P
→晶の強みを生かすため。
先述の通り、カイコとはこのゲームにおいて規格外の強さを持つ技なので、
これを使う癖をつけましょう。
ガードを外した時のみ46Pを打つのは最初は難しいので、
カイコが相手に触れたら46Pを入力してしまいます。
そして46Pが当たったらコンボ、というようにし、後は慣れるだけです。


繰り返しますが晶の根っこの戦術は
「666Pをchさせる・投げを決める・ガードを外す」
これに集約されます。他の技はそこに到るためのおまけと言っても良いかと思います
(言い過ぎの可能性も)。
他の技の使い方や、細かい技術等は、基本戦術の冒頭のことがある程度できたら覚えていきましょう。
動画を見るのも良いでしょうし、直接質問してもらって構いません。

【執筆者から一言】
Twitterは@josephamon
気軽に絡んでください。
ジョジョの話題には9割喰らい付きます。
ジョジョリオンは名作の予感ッ!


Author ジョセフ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

まさか
まさか、ジョセフ氏が作成していただいてるとは。
貴重です。感謝します。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。