スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鷹嵐】初心者講座by栗田親方

【鷹嵐】初心者講座by栗田親方
icon_tak.jpg

どうも、栗田です。
『VF3』発売当初からの生粋の鷹嵐使いなので、
もう15年以上はメインキャラですね。
そりゃ歳もとるさ~ってことで、今年でついに40代に突入
完全に「生涯現役」コースかとw
しかし、逆に言えば『VF5FS』はオッサンでも現役でがんばれるゲーム性といえるので、
今から格ゲーを始める or 久しぶりに復帰するって人にもオススメではないでしょうか。
というわけで、少しでもそういった新規プレイヤーの手助けをできればと思いますので、
以後テキトーによろしくです。

●主なプロフィール
・主なタイトル:「JAVA TEA バトル甲子園」優勝、「モンハン3rdメディア対抗戦」優勝
・主な必殺技:百裂下張り手、見切り斬撃、電源落とし(10年に一度だけ使用可)
・サブキャラ:ベネッサ(VF4~VF5)、ダッドリー(スト3~スパ4)、ジーク(キャリバー5)
・得意な相手:鷹嵐慣れしてない相手(特にレイフェイ、アオイ、アイリーン)
・苦手な相手:鷹嵐慣れしてるサラ(次点でジャッキー、ジャン、パイ、ベネッサ)


【キャラの特徴・長所・短所】
鷹嵐専用システム(下記参照)により
“超重量級"が表現された異質なキャラ。
攻撃面(特に与えるダメージ)が優秀なのでトータルでは強いのだが、
一部のキャラには防御面で苦戦するという極端な仕様になっている。

ただし、どのキャラも鷹嵐と戦うには専用のコンボを覚える必要があるため、
対応がまだ甘い初心者同士の戦いでは、最強キャラといっても過言ではないかと。

■シンプルかつ強力な二択で簡単に強い!
・全キャラ中最強の投げと、最強クラスの中段技(4P+KP)の二択が非常に強い
・極端にいえば他の技を覚えなくてもいいレベルなので、すぐに戦えるようになる

■ロングレンジ&ハイパワー!

・リーチが長い&コンボダメージが高い、勝ち上げ(33P+K)と斬撃(33P)が必殺技
・どちらもガード時の隙は大きいが、確定反撃が甘い初心者同士では打ちまくってよし

■リングアウト能力が高い
・上でも触れた勝ち上げ(33P+K)からのコンボなどで長い距離を運んで一気に落とせる
・諸手突っ張り(66PP)でハーフフェンスからのリングアウトを狙える

■「鷹嵐専用システム」によりキャラ相性が激しい

・相手の攻撃をくらったときのヒット効果が通常のキャラと大きく異なる
 →通常はダウンする技をくらってもダウンしない(レイフェイの33PPなど)、
 →通常はつながらない連係技が連続ヒットする(ジャッキーのPP6PKなど)、

・相手キャラ次第で長所にも短所にもなるため、得意キャラと苦手キャラの差が激しい

※鷹嵐専用システムの詳細
・通常はダウンする技でも、そのとき受けたダメージが20未満ならダウンしない
・鷹嵐にのみつながる連係技がある(特定のルールはなく、技ごとに設定されている)
・ヒザ系の浮かせ技をくらうと、よろよろと倒れる特殊なダウンモーションになる
・ダウン時間が長い&体がでかいため、ダウン後にへんなコンボをくらってしまう

【基本技】
最初はムリにいろんな技を使おうとせず、基本技にしぼって使い込むのがオススメ。
余裕が出てきたら、状況しだいで他の技も取り入れるようにすれば幅も広がるかと。
なお、以降はカシンの記事とかぶる部分が多いので、あわせて参考にしてください。

■近距離
4P+KP
1発目のヒット確認(カシンの【基本戦術】参照)ができれば最強中段。
実際には難しいので、まずは1発目を出したあとの相手の雰囲気を見て出す。
2発目はギリギリ遅めに出しても連続ヒットするので、毎回遅めに出すようにすると、
1発目を相手にガードされていても、2発目がうっかり動いた相手に当たりやすい。


66PP
ダメージは低いが発生が早く、とりあえず相手をダウンさせられる。
リングアウトを狙ったり、壁にぶつけてコンボを狙ったり、状況しだいで非常に強い。

1P+K
下段技なので、立ちガードする相手をとりあえずダウンさせられる。
ガードされると隙が大きいが、反撃を受けるまでは打ちまくってOK。

P+K
ヒットするとコンボで大ダメージを与えられる上段技。
相手の技をガードしたあとの確定反撃に使うケースが多い。
いわゆる「ヒジクラス」の隙に狙えるので、少しずつ使いどころを覚えていきたい。


■中間距離
33P+K
一発逆転を狙える大技。リーチが長く、ヒット後のコンボが強力である。
相手が投げにきたところに合わせて出せると、とても気持ちがいい。

33P
33P+Kよりも技の発生は遅いが、リーチはさらに長い。
相手が隙の大きな技を空振りしたときに当てるのが理想だが、
まずは相手が動きそうなときに早めに出して、
当たるのを祈る感じがよい。


【基本戦術】
決まりやすい連係をざっくりメモ。
「小技で相手の動きを制して投げ」をメインの狙いとしつつ、
投げを警戒して技を出してくるところに打撃を合わせられれば理想的な流れ。

なお前述のとおり、極端にいえば投げと4P+KPの二択だけでも勝てるので、
まずはこの二択を仕掛けることに慣れるのがよいかと思います。

■しゃがみPヒットから投げと天破り(4P+KP)の二択
・しゃがみPは発生が早いうえに上段技をくらわないので、とりあえず当てやすい
・ヒットしたら有利なので、投げと4P+KPの二択を仕掛けるチャンス
・困ったらとにかくしゃがみPを出して流れをつかむのもあり
※パイやカゲなどのPは発生が早く、しゃがみPヒット→4P+Kが負けてしまうので、
 4P+Kを66PPにするか、もう一度しゃがみPでカウンターをとるといい

■Pからの投げ
・バーチャの基本的かつ有効な選択肢。「屈伸」ができない相手にはガンガン使おう
・あとはカシンの【基本戦術】を参照

■PPからの投げ
PPのあとに最速で投げを入れ込んでおくと、ガードがちな相手に決まりやすい
・投げが決まらない相手には、PP6Pに切り替えればヒットしやすい

■諸手突っ張り(66PP)でダウンさせてからの起き攻め
・ダメージは4P+KPよりも低いが、相手をダウンさせられるというメリットがある
・ダウンさせたあとは、受け身 or 起き上がりのあとに4P+KP、1P+K、投げなど
・欲張るなら迎え四股(2or8K+G)。当たればP+Kが連続ヒットしてさらにコンボに!

■パンチが多い相手には4P+K+G

・いわゆる「当て身」系の技で、片手のパンチをくらうと自動的に反撃する
・レイフェイやラウ、アイリーンなど、片手の技が多い相手が攻めてきたら出す
・「基本技」という感じではないが、覚えておくと便利(詳細はそのうち)

【基本コンボ】
1PP→6P+KPPというコンボの汎用性が高いので、まずこれを覚える。
次に、4P+KPから少しダッシュして1PPをつなげる感覚を身につけよう。

なお、各コンボのPは、なるべく「レバーを前に入れたままP」でリーチを伸ばすといい。
ただのPで問題ないことも多いが、まれにレバー入れPじゃないと届かないこともある。
コンボ始動技を出したあとで、すぐにレバーを前に入れておくクセをつけておこう。


■天破り(4P+KP)からのコンボ
・4P+KP→(少しダッシュ)→1PP→6P+KPP
 ウルフ、ジェフリー以外に安定して決まる基本コンボ
・4P+KP→(少しダッシュ)→1PP→K
 ウルフ、ジェフリー用の安定コンボ
※鷹嵐は4P+KPでダウンしない


■赤鬼乱れ髷(P+K)からのコンボ
・P+K→1PP→6P+KPP
 ウルフ、鷹嵐以外に安定して決まる基本コンボ
・P+K→P→6P+KPP
 ウルフ用の安定コンボ(レバーを前に入れたままPを出せば鷹嵐にも決まる)
・P+K→4K+G
 全キャラに決まる安定コンボ


■勝ち上げ(33P+K)からのコンボ
・33P+K→P→G(PPが出ないようにGを押してコマンドを切る)→43P→6KPP
 ウルフ、ジェフリー、鷹嵐以外に決まる基本コンボ。斬撃(33P)からも決まる
・33P+K→P→6KPP
 鷹嵐以外に決まる基本コンボ。斬撃(33P)からも決まる
・33P+K→43P→4PPP
 鷹嵐用の基本コンボ


【執筆者から一言】
うっかり東京ジャングルに迷い込んで執筆が遅くなりましたが(スイマセン)、
なんとか第一回をまとめてみました。
「初心者講座」ということで、どこからどこまで書くかが悩みどころでしたねー。
次回からは、より具体的な技解説や戦術に踏み込んでいく感じでしょうか。
いろいろ意見もらえれば、ぜひ今後の参考にしたいと思います。ではまた~!

Twitterは@xxISDxx
もし質問があればテキトーに聞いてください。
PS3では[ISD-55]、箱では[ISD360]でプレイ中です。


Author 栗田
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。