スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レイフェイ】初心者講座byかめ

【レイフェイ】初心者講座byかめ
icon_lei.jpg
著者:かめ
メインキャラ:レイフェイ
レイフェイ歴:11年
格ゲープレイヤーカメラマン歴:2年
◯◯プレイヤーカメラマン歴:1年
C82でROM出します。二日目ひがs


その他:家庭用はxbox360にてゲーマータグ「kame knj」でやってます。
     twitterは「kamexemak」にてやっております。
     答えられる範囲であれば回答いたしますのでお気軽にどうぞ。



【キャラの特徴・長所・短所】
<特徴>
「様々な構えを使って相手を翻弄しろ!」
敗式虚式をはじめ、全キャラでも屈指の数の「特殊構え」を持つ。
構えを使った豊富な打撃で様々なパターンの攻防を組み立てられる特殊キャラ。
強力な打撃、攻め継続の打撃、攻防一体の打撃など通常構えからは出せない
様々な行動を特殊構えから繰り出すことが出来る。

<長所>
「ハイスピードな攻防と一撃の大ダメージを楽しめ!」
近~遠距離まで打撃が揃っており、様々な戦い方は出来るが、
醍醐味は種々の構えを絡めた近距離でのハイスピードな攻防であろう
ひと通り理解すれば、手数で圧倒&一撃で大ダメージを取るという
強力な打撃による攻防を取れるようになる。
また、攻防の中で構えを絡めることによって不利を誤魔化す能力も高い。

<短所>
「避けられ確定に注意せよ!ぼったち相手は苦労する!」
上記のように「構え」を使うことによって様々な行動を取れるようになるのがこのキャラの
最大の特徴であるが「構えに行く技を避けられる事で相手の大技が確定してしまう」事も多い。
また、強力な打撃が中段、上段に集中してる上に
強力な投げが6方向に固定されている為に
「6方向へのG投げ抜けをし続ける相手」にダメージを取ることが比較的困難である。


【基本技】
P6PP
レイフェイ最速の打撃である上段Pから中段へ派生する技。
二発止めで特殊構えである「独立式」へ。
三発出し切ると特殊構えである「敗式」へ自動移行する。
三発目がガードされても敗式中Pを割れる行動が非常に少ない為、
その後の選択肢も強気に行ける展開を作れる。

ヒットした時は更に強気の行動を取れる。

66P
レイフェイ最速の中段打撃。
微有利からなどはこれを打っておけば相手の打撃に打ち負けることは少ない。


2_6P
カウンターヒットすれば大ダメージを取ることが出来る中段打撃。
発生も早く、リーチもある為、使える場面では使って行きたい技。
カウンターヒット時は下記のコンボなどを使っていこう。
2_6P(CH)→3PP+K+G→虚式KK
2_6P(CH)→6P+KPP(鷹嵐限定)


4PP
発生は遅いがノーマルヒットで繋がり、ガードされても確定を貰わない優秀な技。
また、二発目がカウンターヒットすると上記の2_6Pと同様の崩れとなりコンボが入る。
4PP(CH)→3PP+K+G→虚式KK
4PP(CH)→6P+KPP(鷹嵐限定)


9K+G
発生が早く、ノーマルヒットでもコンボへ行ける中段。
ガードされた場合は相手の投げが確定となる。
ヒット時のコンボは下記の通り。
9K+G→P→3PP+K+G→虚式KK
9K+G→2P→K+GP(鷹嵐限定)


1P+K
発生は遅いがレイフェイで最大のダメージが取れる中段のコンボ始動技。
ガードされた場合は相手の発生15Fまでの打撃が確定する。
ヒット時のコンボは下記の通り
1P+K→6P+KPP+K+G→虚式KK
1P+K→4P+K→K+GP(鷹嵐限定)


【回転属性技】
6PP
背中側半回転属性の中段打撃。
発生が早い為、使用頻度は高め。

6PP+K+Gと入力する事で一発目から虚式へ移行する事が出来る。
最速で虚式へ移行した際は6Pをガードされてもレイフェイ側が有利となるので
強気に攻める事が出来る。

6K(跨虎式へ移行)
全回転属性の上段打撃。
ヒット・ガードに関係無く技後は跨虎式へ移行する。
6Kがカウンターヒットした際は跨虎式中Kが確定する為、
カウンターヒットした際は必ず繋げていけるようにしよう。

また、6Kがガードされても跨虎式P(捌き技)などの行動で読み合いに持っていく事が出来る。

【投げ技】
2_6P+G
投げ成立後にコンボへ行ける技。
コンボは下記の通り。
2_6P+G→P6PP

41236P+G→46P+G→236P+G
投げコンボ。
入力のコツとしては一気に41236P+G46P+Gまで入力し、
一発目から二発目までモーションの間に236P+Gを入力すると成立しやすい。


64P+G
レイフェイはキャラ特性で6投げが多いため、
逆方向であるこの投げを使うことも必要である。


【構えについて】
前述のとおり、レイフェイには構えが多数有る。
参考に下記に構え移行について図示する。
覚え方としては
レイフェィ ミニ

尚、構えからの技による構え移行やおすすめ技などについては次回に。



【基本戦術】
『有利小の時』
(1)P6PP
(2)6PP+K+G
(3)6K
(4)遅らせ投げ
<解説>
(1)及び(2)はとりあえず相手に何もさせたくない時に使う。
双方とも相手にガードされてもレイフェイの攻めが継続出来るので
ガードされた後もレイフェイ側が攻めの読み合いを続けることが出来る。

(3)は避ける相手及び暴れる相手に使う。
これも相手にガードされても
極端ではあるがレイフェイ側の攻めの読み合いを継続する事が出来る。
(4)は上記選択が通じない立ちガードや避けに合わせて使っていく。


『有利大の時』
(1)4PP
(2)2_6P
(3)9K+G
(4)投げ
(5)6K
<解説>
(1)及び(2)は暴れる相手に対して高いダメージを取ることが出来る。
尚、(1)は2発目にディレイ(遅らせて入力する事)をかける事により、
1発目を避けて手を出してきた相手にカウンターを取り、
大ダメージを取ることが出来る。
尚、ディレイをかけた場合は、1発目と2発目は繋がらない。
また、(1)(2)共にガードされても確定が無いので気軽に使うことが出来る。
(3)は暴れ及びしゃがみガードに勝ち、ダメージを取ることが出来る。
ガードされた時は投げまで確定だが、リスクリターン的には悪くない選択肢である。
(4)及び(5)は主に避ける相手に使う。
(5)は暴れに対しても有効であり、またガードされても読み合いが継続する。




【執筆者から一言】
タカアラシと晶とジャッキーだけは許さn

Author かめ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

参考になります!
家庭用で最近始めたばかりなので参考になります。
無影脚かっこいい
わかりやすくて助かります。
家庭用で始めた初心者です。
非常にわかりやすくて勉強になります。
次の更新も楽しみにしてます。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。