スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日守剛】初心者講座番外編 剛対戦動画 byみでぃ

icon_goh.jpg

壁際について動画で説明。といいつつ、時間が取れずに忙しくて更新出来ないので


ちょっと気分を変えて剛対剛の対戦動画を。


Watch live video from central804 on TwitchTV

先日大会前行われた大会前の野試合です。
セントラル八王子VF5FS5on5
 

1P側みでぃ VS 2P側SHENRON

対戦内容的に特筆すべき点はないんですが


土蜘蛛(66P+G)強い動画


2P側のSHENRONさんの土蜘蛛の使い方が参考になるので初心者の方は是非参考にしてください。
不用意な避け、バックダッシュ暴れを吸われてます。


3KPの後もそうなんですが【投げ返し】がうまいとガード後(-10F)の読み合いがキツイです。
掴み返し出来ると出来ないでは大違いですので頑張って練習しましょう。

以下反省点とちょっとした剛対策(中級者~向け含む) 

・対剛に限らずなんですが、中級者以上になるとしっかり屈伸、ファジーしてくるのでそこは下段投げ投げ入れて行かないとダメですね。剛でしたら
肘、66P、側面K、ガード後。 
46K、2K+Gノーマル、46K、PKヒット後などが狙いやすいかと。
もちろん暴れてくるならしっかり打撃を打つことも必要ですが。

+10Fの選択肢として、【組手つかみ返し】読みで4K、K+G振るのもいいんですが、土蜘蛛って選択肢は結構強いと思います。避け仕込みも潰せます。
P,2Pに負けますが(※土蜘蛛発生21F実質22Fダメージ負け)そこらへんはバランスかと
結構必死ですのでバランスよく仕込んでくる人は少ないので、相手の癖を読むのが大事ですね。
ゆとりでガードされたらこっちのターンぐらいの心づもりで。 


・膝と投げが強力なので直2の場面では46K暴れ多めでもいいかなーと思うんですが、やはり土蜘蛛が強い。
44P暴れならカウンターでもカスヒットですし4Kも投げ移行しないんで意外とありですね。
『死ななきゃ安い』の選択肢は慣れてないんで苦手なんですが習得したいと思います。

虎鉄(4P+K最大タメ)ひたすら食らってますが、避けるか捌くかしたい。黒龍叩きつけも受け身ミスりまくってますが、やられてわかる難しさ、キツさですね。

・最近1Kをよく使うのでノーマルとカウンターのヒット確認をもう少ししっかりしたい。2K+G、66Pも同じく。

【執筆者から一言】 
いつもとは違う感じで備忘録的な記事を。
更新ないと寂しいですしね(笑)適当に消すと思います。
大会当日は他にも剛使いの方がいて非常に参考なりました。
是非動画でみていただきたいです。

10月7日バーチャプレイヤーの一年の総決算
ビートライブカップが近づいてます。

VFR
 OFFICIAL WEBSITE 

アーケードプレイヤーはこの大会のためにこのゲームをやり続けてるといっても過言ではありません。 
家庭用から始めた人&復帰したプレイヤーも是非参加して欲しい・・。
というのが本音ですが、いかんせん敷居が高い値段・チーム戦)
しかし可能であれば是非現地に足を運んでギャラリーとしてでも参加していただきたいなと思います。
見るだけならタダですし行く価値は十分あります。
ここらへんの記事はどこかで誰か識者が書いて欲しいなーと思うんですがどうなんでしょうかね。
 
というわけで『6』が出るまで細々と更新していきますので今後もよろしくお願いします。
質問、ご意見、感想等はコメント欄までお願いします。 
ツイッターでもお気軽にどうぞー。 
 


スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title
1GET!動画もいいですね見入ってました。初心者からの視点ですが、自分は相手ダウンさせると、起き上がり攻撃が怖くてBDしたり、離れて3KPを入れようとしたりと起き攻めがよくわかりません。基本いつも下がってそこからスターみたいな。動画みるとお二人ともグイグイ詰めていってますが、その辺詳しく教えていただけるとうれしいです!
No title
掴み返し怖すぎ
いつも参考にさせてもらってます
返信1
起き上がり攻撃を警戒して距離を置くのも立派な選択肢のひとつです。
相手の起き上がり攻撃をスカして打撃をきめることができればリスクなくダメージを奪えて最高です。
しかし相手も距離が離れていると無警戒に起き上がり攻撃を出してきません。
(※上級者でも手癖で適当に出して結構死ぬ場面を目撃します。『甘え』です)

距離をつめる理由は、
1、食らっても大したダメージじゃない、ガードしたら大幅有利。
2、ガードする自信がある
3、後転起き上がり攻撃には確定反撃がある。

1、起き上がり攻撃はノーマルで食らってもダメージも大きくなく、不利も少ないです(-3F)ガードしたら大幅有利(+6F)ですので多少のリスクを負ってガードしに行く価値があります。

2、起き上がり攻撃に関してはゲームに慣れると中段か下段か結構見えます。読みも含めればさらにガード成功率があがります。ガードすれば有利ですのでガンガン前に出るわけです。

3、後転起き上がりはガードすると+15Fです。中段は蒼穹、下段は肘、3PP、下段投げなどが確定します。ガードしたら確定でダメージ取れるのでおいしいのですが、中段、下段の判別が非常に難しいです。

というのが距離をつめている理由です。
状況(体力、相手のクセ、キャラクターの位置)などによって変わっていきます。
返信2
>>No.170さん
怖すぎです。上級者ともなるとかなりの精度でつかみ返しが成功するので、別の選択肢を考えなくてはなりません。「めんどくせーー!!」って感じですが、それも楽しみの一つです。

>>No.171
ありがとうございます!!


コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。